おもな業務内容

 多くの生活相談員がお悩みのとおり、生活相談員の仕事は具体的には明示されていません。

 資格要件のみはっきり決められていますが、目的や役割についての詳細はないのです。そのため、生活相談員自らが率先して「仕事をつくり」「手順を考え」「自らを位置づけする」という悩ましい状況にあります。

 生活相談員は事業所の規模に関わらず配置が義務付けられていますが、大きな事業所と小さな事業所では、一つ一つの仕事のボリュームはまったく異なります。

 そのため、生活相談員が担う範囲も大きく違ってきます。大規模のところは特化して仕事をすることもあるかもしれませんが、小規模のところは数多くの種類の仕事をこなさなくてはなりません。場合によっては、ほかの介護職員とまったく同じ業務に携わるということもありえます。

 働く側がそれを承知して、事業所を選ぶ必要があります。生活相談員の職種が、どこでも同じ業務内容、待遇、立場であるとは限らないのです。

 ここでは、生活相談員ならではの 相談業務付随する業務とそのほかの期待される役割 (契約手続きなどの実務業務やサービス提供のためのマネジメント業務など) についてまとめてみます。こうしなくてはならない、こうあるべきだ、というものではありませんので、ご参考までにとご理解ください。

相談業務

相談業務 利用者や家族のニーズを聞き取り、状態や状況を把握する

 相談とは、単語の意味を調べると「問題の解決のために話し合ったり、他人の意見を聞いたりすること。」とされています。

 まずは、「聞き取ること」が大事です。生活相談員は、中立の立場であることが求められます。主観を交えた意見を言ったり、独断的なアドバイスをしたりすることは禁物です。

 冷静な対応をするためには、その場で即答せずに他の職員や関係者と意見交換をすることが大切です。すべてその場で答えなくてはと考えず、ヒアリングに徹して情報を集めることに重点を置きましょう。

面 談(利用者・家族・その他関係者)
 利用者の受け入れ時や計画の見直し時など、必要に応じて利用者や家族と面談します。

 そして、利用者が望む生活や家族の意向を把握し、状態や状況などの条件等について情報収集します。

こちらもどうぞ!面談で聞き取る内容等については、アセスメント もご覧ください。

情報共有
 面談で得た情報は他の関係者と共有する必要があります。社内カンファレンスを行ったり、ケアマネジャーや関係者と意見交換(サービス担当者会議など)をしたりします。多角的な意見や情報を合わせて、適切な介護サービス提供に向けて、利用契約や通所介護計画の作業に進みます。

 規模の大きな事業所では、事務職員や幹部職員などと役割分担し、生活相談員の仕事は面談業務のみの場合もあります。その場合は一層連絡調整を密にはかり、他の職員と情報共有することが重要になります。

観 察
 生活相談員は、面談時だけではなく、日頃の様子を観察してニーズを察知することも大切です。

 利用者の状態変化は、日々の観察を続けることで初めて気づくことができます。観察力を養い、利用者の小さな変化に気づけるように心がけましょう。

相 談
 利用者や家族の相談の申し込みは随時受け付けます。改めて「相談」と言われなくても、茶飲み話の中で心の中を打ち明けられることもあります。

 プライバシー保護の観点から、相談室利用が望ましいですが、何気ない会話の中に本人の真の意向が現れることがあります。話しやすい環境づくりも大事です。リラックスして相談できるよう、関係性をつくっておくことが肝心です。

 生活相談員は、コミュニケーション能力が求められます。コミュニケーションにはコツもあります。練習で上手になります。苦手意識をなくして、利用者の気持ちを受け止めて信頼される生活相談員を目指しましょう。

こちらもどうぞ!コミュニケーション能力の高め方については、連載★三ツ星相談員 もご覧ください。

付随する業務とそのほかの期待される役割

通所介護契約 利用者の受け入れに際する契約手続きと契約履行の管理

利用契約(申込受付・契約手続き・社内外調整)
計画作成(アセスメント・通所介護計画作成・提供・見直し)
記録・報告(記録・モニタリング・カンファレンス)
 
 利用の打診(問合せ)から、受け入れ可否の検討、利用申込みまで、おもにケアマネジャーと密な連絡調整をします。

 受け入れが決まったら、利用者と通所介護契約を取り交わします。

 利用に際しては、面談を行って様々な情報を得る必要があるため、契約に関わる一連の業務を生活相談員が担うケースが多いようです。

 利用者を受け入れるということは、その人の状態や生活環境なども含めて把握する必要があります。そのための情報を、利用者本人や家族、ケアマネジャーと連絡を取り合って収集します。場合によっては主治医との連携も必要です。

 生活相談員は、円滑な連絡調整をするコミュニケーション能力が求められます。ただ書類を作れば良いだけの仕事ではないのです。難しいかもしれませんが、やりがいのある仕事です。

こちらもどうぞ!通所介護契約 については、お問合せから契約まで もご覧ください。

 また、介護保険制度における介護サービスの提供は、計画に基づき実施され、その成果の報告が義務付けられます。そして、モニタリングを行い、実施したサービス内容の課題や利用者な新たなニーズなどを把握します。利用者のその時々の状態をアセスメントし、状態の変化に合わせた適切なサービスが提供をするように計画を見直します。

 介護サービスは、計画⇒実施⇒評価⇒見直しを繰り返し、利用者の変化に合わせて適切なサービス提供が行うことが必要です。

全体的マネジメント 社内マネジメントと社外との連絡調整

サービス提供のためのスタッフとの連絡調整
スタッフの研修・管理
ケアマネジャー、地域活動との連携
実習・ボランティア等の受け入れ

事業所運営・管理 営業的・管理的業務

実務処理(経理・人事等)
保険請求のための書類作成・管理(コンプライアンス重視)
人材育成計画・事業計画・営業活動

介護業務の協力 介護・レクリエーション・送迎

介護職員と協力し、現場業務を行う。ご利用者様の様子を把握する上でも大切。

地域連携 地域ケア会議への出席など

平成27年度の法改正で、生活相談員の地域連携への協力が期待されるようになりました。具体的な活動は地域により異なりますが、事業所外の活動を求められるようになったことは大きな変化です。

(参考)相談員の位置づけ~入所施設の準用解釈

 厚生労働省HPより「特別養護老人ホームの生活相談員と老人保健施設の支援相談員 および介護支援専門員の役割について」という文書から、デイサービスの生活相談員の位置づけを準用解釈することができます。

介護保険法の第七条 と合わせて通所介護事業所用の表現にしてみると、
 「利用者からの相談に応じ、心身の状況等に応じ適切なサービスを利用できるよう行政その他の事業者等との連絡調整等を行う」ことが主業務と言えるかと思います。

また、【平成 19 年度「施設におけるケアマネジメント手法および介護支援専門員のあり方に関する調査研究事業」報告書】 として、下記のような業務内容が表中に列記されています。参考になるのではと思い、原文まま引用いたします。「入所」を「利用」と置き換えると良いです。

  • 入所時における入所者の心身の状況、生活歴等の状況の把握
  • 入所時における入所者・家族等の希望・意向の聴取
  • 入所における居宅介護支援専門員との連携やサービス調整
  • 生活に対する入所者本人の意志聴取
  • 入所者の生活に対する家族等の意向の聴取
  • 施設サービス計画書を作成するためのアセスメント
  • 長期目標・短期目標(案)の作成
  • 施設サービス計画書原案の作成
  • ケアカンファレンス(サービス担当者会議)の召集・運営
  • 施設サービス計画書についての多職種間の意見調整
  • 施設サービス計画書についての栄養マネジメント、リハビリマネジメント等との整合性調整・確認
  • 入所者や家族等への施設サービス計画書の説明・同意
  • 施設サービス計画書に基づく実践の記録
  • 施設サービス計画書に基づくモニタリング
  • 施設サービス計画書の定期的な見直し
  • 家族等への入所者の状態等に関する定期的な情報提供・報告
  • 苦情の受付・苦情処理に関する業務
  • 事故発生の記録
  • 身体拘束の記録
  • 退所時における入所者・家族等の希望・意向の聴取
  • 退所時における入所者・家族等への情報提供やサービスの調整
  • 退所時における居宅介護支援専門員との連携やサービス調整
  • 退所時における行政や他の社会資源との協働・連携
  • 入院・転所時における施設サービス計画書の引継ぎ
  • 申請代行業務(要介護認定申請代行等)
  • 入所者の権利擁護に関する業務
  • 地域ネットワークへの参加
  • 地域における最新の社会資源情報の把握
  • 要援護者の発見・支援の窓口
  • 関係機関からの虐待に関する相談・被虐待者の受入