だんらんの家 町田木曽【町田市】

2014年10月1日オープンの だんらんの家 町田木曽 さんにお邪魔してまいりました。

 町田は、新宿から小田急線で最速29分、各駅停車でも55分の東京のベッドタウンです。

 町田市は、緑豊かで落ち着いた雰囲気がある町です。事業所の近くを流れる境川のほとりは、散歩やランニングなど憩いの場として親しまれています。

境川

 町田市の福祉の取り組み施策は、都内でも随一。「すべての世代の方々に生活の向上を実感していただくこと」が現市長の志しとして掲げられています。

 必然的に事業者やそこで働く介護職員の意識も高くなり、一人一人が誇りを持って働いていることを肌で感じました。

 「市民意識が高いので、サービスの質向上により一層励まないとならないのです」と、苦笑されるスタッフさん。官民共同で切磋琢磨しているのですね。

だんらんの家町田木曽

 開業して間もない初々しさがそこここに見られ、ほほえましく感じました。
 花壇にはかわいらしい木の苗。草花のほうが大きく見えるくらいです。これから事業所の発展に伴って、大きく伸びていくのです。

お出迎えの草花

 ウェルカムボードも精一杯のおもてなしの気持ちが表れています。

ウェルカムボード

 ダイニングは対面式のキッチンから見通せるので、調理をしながらでも1人分の目が確保できます。見守りの目は、多いに越したことはありません。死角を作らない、什器の配置も重要です。

ダイニング

 庭とその向こうの通りが見えるサンルームは、お気に入りの場所になりそうです。冬場は椅子ではなくて炬燵があると良いなあって、思うかも。できればミカンもプリーズ!ですね。

サンルーム

 リビングのくつろぎスペースは、ゆったりしたソファが2台あるので遠慮なく手足を伸ばせそうです。

ソファでまったり

 まったり・・ばかりではありません。自立に向けたリハビリ体操や口腔ケアーをしっかりと行います。脳トレや機能訓練につながるレクリエーションも、各種用意しています。

一日の流れ

 手工芸が師範級のスタッフがいるので、本格的な技術指導をお望みの方も満足すること間違いなし。手作業は、認知症予防にもっとも効果的と言われています。

タペストリー

 もちろん体調を見て、ゆっくりお休みいただくことも必要です。静養室はリビングとは完全別室です。

静養室

 建物内はどこも採光十分です。ジメジメしがちな水回りも、この明るさ。縁起物のヒョウタンが廊下を警備しています。

廊下から洗面所へ

 お風呂場も明るいです。

お風呂

 トイレには、見事なトイレットペーパーピラミッド。消耗品もちょっとした工夫でアートですね。
 殺伐としがちな介護現場に、こういう楽しい要素を取り入れることは精神衛生に役立ちます。ご家庭でも役立てたい、楽しく安全な介護生活のヒントです。

トイレットペーパーピラミッド

 最後は、安全確認です。もちろん、ばっちり適合マークです。

安全確認OK

 町田市は、地域活性のため市のロゴマークを企業や団体に無償で提供しています。販売する商品や印刷物に利用する場合は届け出が必要ですが、名刺やパンフレットに載せるのは自由です。
 町田市以外の自治体でも提供しているところは多数ありますので、活用してみてはいかがでしょうか。

いいことふくらむまちだ

 介護事業は地域貢献。
 地元を愛し、地元から愛される事業所を目指して、いいことふくらむサービスを!期待しています!

だんらんの家 町田木曽

町田市木曽東1-37-5 TEL:042(850)8806 担当:大村